夫や妻の浮気・家庭の悩み解決WeeklyNews

夫や妻の浮気問題・家庭の悩み解決WeeklyNewでは、夫婦の浮気の問題や家庭のトラブルや悩みについて紹介し、アドバイスになる情報を紹介します。

    浮気相手に走る妻の心理



    世間一般的に、男性のほうが浮気をすることが多いと思われていますが、男性だけでなく女性も浮気をすることがあります。
    最近は「昼顔妻」などで妻の浮気に危機感を持った旦那さんも多いのでは?

    夫や家族の目を盗んでまで浮気相手の男に走る妻がいるかもしれません。

    夫や家族にしてみれば、妻の浮気が発覚すればショックどころの話ではありません。しかし、なぜ妻は浮気相手に走ってしまったのか、浮気をする女性の心理から、妻の浮気を未然に防ぐ方法を考えていこうと思います。
    【平気で家族を裏切り浮気相手に走る妻の心理とは】の続きを読む


    産後クライシス



    † ”産後クライシス”を知っていますか? 

    産後クライシスという言葉を知っているでしょうか。
    テレビやネットでも取り上げられることがある産後クライシスとは、女性が子供を出産後、夫婦仲が急激に悪くなる現象のことを言います。
    特に、子供を出産してから3年以内は、夫婦仲が悪くなり、離婚する夫婦が急激に多くなるそうです。


    【【離婚の原因】夫婦が直面する産後クライシスとは】の続きを読む

    慰謝料



    パートナーに浮気をされて、離婚となったとき、パートナーとその浮気相手から受けた精神的苦痛に対して、損害賠償を請求することができます。

    浮気に対する慰謝料は、浮気をされた人がパートナーと浮気相手に出来る唯一の「仕返し」だと考えることもできます。

    そのため、浮気に対する慰謝料を「1000万円」請求するなど、あまりに高額な慰謝料をパートナーと浮気相手に要求する人もいるかもしれません。

    しかし、実際は、浮気に対する慰謝料は一般的な家庭で、300万円が妥当な金額だといわれています。
    ですが、この慰謝料を受け取ることができない場合もあることをご存じでしょうか?


     
    【【浮気】慰謝料をもぎ取るために、知っておきたいこと】の続きを読む

    旦那が浮気してる?




    美人を見るとそっちに気を取られてしまうのが、世の男性の性です。ただ見るだけならいいのですが、浮気をされたら世の妻たちはたまった物じゃありません。

    浮気は男の甲斐性なんて言う人もいますが、法律上では配偶者がいる者が他の異性と肉体関係を持つことを不貞行為として罰しています。

    そうです。法律上では浮気行為は罪に問われるわけです。

    しかし、世の男性は奇麗な女性が自分に言い寄ってくれば、悪い気はしませんし、誘惑に負けて肉体関係を持つかもしれません。

    そんな浮気をする旦那にいち早く気が付き、浮気を止めさせるにも、または断固とした態度を取るためにも、妻は旦那が浮気をしているかどうか確かめる必要があります。

    そこで、浮気をしている旦那が取る行動から、自分の旦那が浮気をしていないかチェックしてみましょう。
      【浮気をしている旦那が取る行動とは】の続きを読む

    koiuwaki



    男性は女性の浮気に鈍感だといわれていますが、実際のところはどうでしょうか。
    貴方の奥さんは浮気をしていないと自信を持って断言することができますか?

    浮気=夫というイメージが強いですが、妻が浮気をするケースもあります。
    夫の帰りが遅くて構ってくれなくてさびしい、家庭のことばかりで刺激がない。そんな感情から妻が浮気に走ってしまうこともあります。

    自分の妻は大丈夫と思っている人も、最近妻の様子がおかしいな?と思った人も、こちらのチェックポイントから、奥さんが浮気をしていないか確かめてみてはいかがでしょうか。

    【夫が妻の浮気を暴く、妻の浮気チェックポイント】の続きを読む

    彼氏の携帯





    自分の彼氏が浮気をしていたらショックですよね。
    私の彼氏は大丈夫と思っている人もいるかもしれませんが、何がキッカケで浮気をされるかわかりません。
    世の男性の中には「バレなければ浮気をしてもいい」と考えている人もいるようなので、彼氏の行動には注意を払うようにしないといけません。

    そこで、彼氏が浮気をしていないか簡単に調べる方法で、携帯電話を使った浮気チェックをご紹介します。


    【あなたの彼氏は大丈夫?携帯からわかる浮気のチェックポイント】の続きを読む

    探偵の資格



    難事件をズバッ!!と解決。
    そんな小説やテレビドラマに登場する探偵に憧れを持つ人もいると思います。
    探偵といえば、ハンティング帽に口にはパイプ、くたくたのボロいトレンチコートという、なんとも怪しいイメージがありますが、ひとたび事件が起きれば、警察より早く事件を解決するなどの活躍から、人気の職業です。

    と、ここまでは、あくまでフィクションの中に登場する探偵像です。
    実際には、殺人事件や強盗事件(なんとか怪盗との一騎打ちとか)など、そんな危険な事件を解決したりすることはありません。

    日本では、刑事事件を捜査することができるのは警察組織に限られており、探偵はあくまで"調査"が仕事です。

    そんな現実の探偵ですが、調べてみると、やっぱり小説やテレビドラマの探偵に憧れて探偵になったという人はいます。
    今も、探偵に憧れて探偵業界に入ろうと思っている人もいるでしょう。

    しかし、どんな職業でも、人によって向き不向きがあります。
    昼型の人間が夜型の仕事をして体調を崩してしまったり、特殊な資格がないと業務が行えなかったりと、向き不向きの程度はさまざまですが、限られた人間しかできない仕事というのは世の中にたくさんあります。

    では、現実の探偵はどうでしょう?
    【探偵になるには資格が必要?】の続きを読む

    このページのトップヘ