uwakichousa_kikanimg


パートナーの浮気を探偵に調べてもらっている人が気になるのは、「いつ浮気の証拠は手に入るのか?」だと思います。

今後の予定を考えるためにも、浮気の証拠がどれくらいの期間で手に入るのか気になっているでしょう。

そこで、実際に浮気調査を探偵に依頼してから、浮気の証拠が手に入るまでの期間を調べてみました。


調べてみてわかったのは、浮気調査の期間は、調査を依頼した人によって違いはあるが、
およそ1週間~1ヶ月の間に、浮気の証拠は手に入るようです。

では、その検証結果について説明をしていこうと思います。



■浮気をしている人が1ヶ月間で浮気相手と会う回数

まず注目したのは、浮気をしている人が浮気相手と1ヶ月間の間で、何回浮気相手と会っているのかという点です。

調べてみると、浮気をしている人の多くが、月に3~4回は浮気相手と密会しているようです。

他にも月に1~2回という人酷い人は月に5回以上という人もいるようです。

当然、1ヶ月間の浮気回数が多ければ多いほど、浮気の証拠を手に入れるチャンスは多くなります。
証拠を手に入れるチャンスが多ければ、浮気調査の期間も短くなります。

月に3~4回、浮気相手と密会しているということは、1週間~1ヶ月で浮気の証拠は手に入れることができるというわけです。

参考:浮気調査の一般的な調査期間とは?

ただし、これは浮気調査が上手くいった場合です。



■浮気調査の期間を短くしたいなら、浮気調査を行う日時を正確に決める

1週間~1ヶ月で浮気の証拠が手に入るとはいっても、それは浮気調査が上手くいった場合です。

  • パートナーと浮気相手が密会する日時が分かっている。
  • 浮気調査を依頼した探偵が調査を失敗せずに浮気の証拠を手に入れた。

この条件をクリアしなければ、調査にかかる期間は長くなってしまいます。

そこで、浮気調査を依頼する人は、パートナーと浮気相手が何時会っているのかを突き止める必要があります。

ただし、これはかなり難易度が高く、正確に浮気相手と会う日時を突き止めることが出来る依頼者は極少数のようです。
そのため、大抵の依頼者は、週末の三日間(金曜、土曜、日曜)に浮気調査を集中して行うケースが多いようです。

浮気相手と何時会っているかわからない予想も難しいという依頼者は、浮気調査の期間は長くなるようです。

次に、探偵が浮気調査を失敗する可能性についてですが、これについては探偵を信じるしかありません。
浮気調査を依頼する探偵事務所を慎重に選ぶ必要があります。



■依頼方法で浮気調査の期間を調節しよう

浮気調査の依頼方法で期間を調節することができます。

例えば、浮気調査を週末の金曜日の夜10時から、翌朝(土曜日)の8時まで調査を依頼する。
これを1ヶ月間に4回、時間にすると40時間。

または、何時浮気相手と密会しているか特定できていない場合は、
月曜日~日曜日までの7日間、夕方5時~夜10時まで調査を依頼する。
時間にすると35時間。

このように浮気調査の依頼方法を調節することで、どれだけの期間で調査を行うのか依頼者が決めることもできます。

依頼方法を決めるためには、探偵と面談した時に、希望する日数や時間を探偵に伝えましょう。

探偵によって、浮気調査プランが違うため、希望どおりに調査を行えないプランもあるかと思います。

そんな時は、他の探偵事務所に浮気調査を依頼するか、探偵と相談をして別のプランを提案してもらうようにしましょう。





関連する記事
浮気調査を依頼する前に特に気になるのは料金相場