a1640_000395_m



妻や夫に浮気(不倫)をされた。
そんなとき、あなたは離婚を考えると思います。

でも、勢いで離婚してしまうと、浮気の慰謝料や、その他の離婚手続きで、なかなか話が進まないことが多々あるようです。

実際に、裁判所での調停の場でも、浮気を追及しても「相手が誘ってきた」、「浮気をするつもりはなかった」、「勝手に相手が盛り上がっただけ」など、自分の責任を認めないケースもあります。

浮気をした配偶者、そして浮気相手から、「浮気をしたことを認めさせ」、「慰謝料を払ってもらう」には浮気の証拠を手に入れて、相手側と有利に交渉しなくてはなりません。

有利な交渉を進めるため、浮気の証拠として活躍するのが、ボイスレコーダーです。

ボイスレコーダーは知っての通り、音声を記録する機械です。
このボイスレコーダーを使った離婚時の交渉術について簡単に紹介したいと思います。




・ボイスレコーダーに配偶者と浮気相手のやり取りを録音する

浮気の証拠として、有力なのは、配偶者と浮気相手が一緒に写っている写真が挙げられます。
しかし、写真はその場を押さえないと撮ることができないため、自分一人では、浮気の証拠写真を撮るのは難しい。
興信所や探偵事務所に依頼をして証拠写真を撮ってもらう手段もありますが、費用的な問題もあります。
そこで、ボイスレコーダーを仕掛けて、浮気相手とのやり取りを録音しておけば、浮気の証拠として使うこともできます。

ただし、注意してもらいたいのは、ボイスレコーダーを上手く隠す場所がない、または仕掛けること自体、どこに仕掛けたらいいのかわからない場合は、無理にボイスレコーダーで浮気の証拠を集めようとするのは危険です。
最悪の場合、ボイスレコーダーが見つかって、調べていることが相手に気付かれてしまう場合もあるので、慎重に仕掛ける場所とタイミングを決めなくてはなりません。


・交渉現場には、必ずボイスレコーダーを持っていく

人間、口ではなんとでもいうことができます。
その場しのぎの嘘を言って、言い逃れをすることだってあるのです。
特に、浮気の追及では、1対1の交渉になると、その場で浮気を認める発言をしても、あとから発言を覆すことだってあります。
そこで、浮気をした配偶者、または浮気相手と交渉する場には、ボイスレコーダーを持っていくことをオススメします。
交渉の場で相手が言ったことをそのまま録音しておくことができるため、あとから「そんなことは言っていない」という言訳を予防する意味でも、会話の内容を録音しておくといいでしょう。


ただし、上記のボイスレコーダーを使った交渉術では、注意点があります。
それは、音声だけを記録として残すのではまく、書面でも「浮気をしていたことを認めた」ことを明記してもらうことです。

書面には、「誰が誰と不貞行為を行っていたことが事実であること」、「今後の対応」などを明記してもらうことで、離婚裁判になった場合、その書面が証拠にもなります。


おわりに

離婚時の交渉内容は、出来る限りボイスレコーダーに録音しておいて、あとから相手の証言が違っていないか、嘘の供述をしていないかを確かめるといいでしょう。
最近はボイスレコーダーも安価になっているので、手に入れ易くなっています。それに、わざわざボイスレコーダーを購入しなくても、スマートフォンのアプリで、ボイスレコーダーアプリがあるので、そのアプリを使って交渉に臨むといいでしょう。