長期休暇中の調査



今年もゴールデンウィークの季節になりました。
2015年のゴールデンウィークは、最長で4月25日から5月6日までの11日間と長くあります。
この長いゴールデンウィークを使って家族サービスで旅行に出かける人、日頃の疲れを取るためにゆっくり家で過ごすといった人もいると思います。

そんなゴールデンウィークでも忙しくしているのが、探偵です。
この長期休暇期間に、探偵を利用して、パートナーの浮気や素行を調べたいという方が結構いらっしゃるようです。

特に浮気の証拠などは、長期休暇中に手に入れることができる可能性が高いそうです。

パートナーと浮気相手が、不倫旅行をしていたり、長期休暇中は2人の時間の都合を合わせやすいため、浮気相手と頻繁に密会していることがあります。

ゴールデンウィーク以外にも、夏の盆休みや、クリスマスや年末年始のまとまった休みなどでも、浮気調査の件数が増えるそうです。


いま、パートナーが浮気をしているかもと、不安な気持ちを持っている人は、一度探偵に相談してみてはどうでしょうか?

この長期休暇中に探偵に相談をするとき、事前に確認ができれば、スムーズに浮気調査を依頼することができるポイントがあります。


  • パートナーの休みのスケジュールを出来るだけ詳しく調べておく
  • 急ぎの調査でも対応が可能な近隣の探偵事務所を探す
  • 依頼をする人のスケジュール調整が出来ている
など…。


休暇中の調査では、突発的に調査をしてもらいたいという人、また、探偵側の調査スケジュールなどもあるため、希望した日時に調査ができないケースも耳にします。
そのため、事前にパートナーのスケジュールを確認しておき、急ぎで調査をした場合に備えて、同じ都道府県内にある探偵事務所を探しておくと、大型連休でもスムーズに浮気調査をしてもらうことができるようです。